転載~さようなら大江健三郎

このような論議は「非常に突飛」な感じもしますし
彼の発言も「少し比較が飛び過ぎ」な感もあります
でも言ってる事が非常にわかりやすい気もするので…載せてみます

池田信夫 著

「経済活動より生命を優先」するなら、大江氏はなぜ自動車の禁止を主張しないのだろうか。福島事故で放射能で死んだ人は1人もいないが、自動車は確実に毎年5000人を殺す。ノーベル賞の権威と「経済的合理性や生産性ばかりにとらわれない理念」をもって、自動車の全面禁止に立ち上がってほしいものだ。
またタバコによって毎年11万人以上が死んでいる。小宮山厚労相は「タバコの価格を700円にする」という目標を発表したが、財務省は抵抗している。実害のほとんど出ていない原発に騒ぐより、厚労相を応援してはどうだろうか。

大江氏には理解できないだろうが、世の中は経済と生命のトレードオフで動いているのだ。リスクをゼロにするには、自動車も飛行機も酒もタバコも禁止し、石炭火力も石油火力も止めなければならない。原発をこのまま止め続けたら、毎年数兆円の損害が出て企業は海外逃避する。それによって日本は貧しくなり、若者の負担は大きくなる。

もちろん、そんなことは大江氏の知ったことではない。彼が呼びかけ人になっている「さようなら原発1000万人アクション」というサイトの平均年齢は異常に高い。先の短い彼らにとっては、もう経済活動なんてどうでもいいのだろう。彼らは合理的に行動しているのだ。

「賛同人」として宇都宮健児弁護士が名を連ねているのも、とんだブラックユーモアだ。過払い金訴訟で消費者金融を壊滅させた弁護士業界の次の標的は、原発の賠償だ。8兆円の賠償金を取れば、手数料は10%としても8000億円。原発への恐怖が高まれば高まるほど、日弁連はもうかるしくみだ。

戦後の日本をだめにしてきたのは、このように原発を止めたら代わりのエネルギーをどうするのかという対案もなしに、情緒的な正義感に訴える万年野党である。それが間違えて権力を取ったらどういう恐るべきことになるかを、菅直人氏は十分みせてくれた。

それでもこりないで「広島と長崎の記憶が深く刻み込まれたはずのこの国で、再び核がその猛威をふるうことになった」などと原爆と原発の区別もつかない大江氏には、さすがに誰もついてこない。菅氏の退陣を最後に、こういう左翼幻想にもさようならを言おう。

私はかなりな部分で同感です

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rikupapa40

Author:rikupapa40
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク