狼についての一考察

動物にはとても興味があります。
「好き」というわけではなく、「興味」です。

小さい頃に「シートン動物記」を読み(特に「狼王ロボ」に感動して)それから興味をもつようになりました。

中でも「狼」にとても惹かれます。

かつてこの日本にも狼はいました。
農耕民族である日本人にとって狼はまさに「大神(おおかみ)」的存在でした。農耕民族にとって害を及ぼす獣(けのも)、「害獣」はまさに鹿などの草食動物です。この害獣を駆除する狼を奉るのも当然かと思います。

西洋からきた童話では常に悪役に描かれている狼ですが、西洋人にとっての狼は「家畜を襲う害獣」に他なりませんから、そういう描かれ方をしたんでしょうね。非常に悲しいですね。

最近、日本の山で大変な害獣騒動が起きています。かつては絶滅するのではとか、滅多に見ることができなかった「日本カモシカ」が増えてこのままいくと、山の木が絶滅してしまいそうです。

さらに、沖縄の離島では飼っていた「山羊」が野生化して木の芽を食べて山から木がなくなり、地盤がゆるくなって、一部崖が崩れてしまっているそうです。

高校生の時、生物でならった「生態系」がこの日本では崩壊していますので仕方ないですね。

一部「日本の山に狼を復活させよう」と運動されている団体があるそうですが、カナダでは成功した例がそのまま日本に受け入れられることはありそうにないので、実現は難しそうです。

ただ、狼は人を襲いません。
江戸時代以降、狼が人間を襲った書物は沢山ありますが、そのほとんどは「狂犬病」にかかっていたと考えられています。西洋から日本に持ち込まれたこの病気によってニホンオオカミは絶滅したとさえ言われています。(エゾオオカミは人間の手によって殺戮された)

狼は人間を襲わない。絶対ではありません。基本的にです。サルも鹿も基本的に人間は襲いませんから。ペットの犬だって。
プロフィール

rikupapa40

Author:rikupapa40
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク