はじめてのブログです

はじめまして。
大阪に住んでいる1児の父です。
昔から、様々な事が気になるタイプで、他人があまり注目しないことでも(だからこそか?)自分が気になる事にはなぜか心ひかれてしまう。そんなことが多い厄年です。
いろんな事柄について論じる事も好きなので、是非覗いていってください。

テーマ : ブログはじめました!
ジャンル : 日記

子供の頃の「神頼み」

ここんとこ気になってる事があります。
それは、小学生くらいの時「どっちにしようか?」
と迷った時の呪文です。
いろんな地区、または、年代で違いがあるみたいですが
関西では割と共通項があるのにびっくりしました。
まず、最初は
どちらにしようかな
ここまではほとんど一緒
天の神様のいうとおり
これが少し変わって
奈良・高田市では
裏のごんべえさんのいうとおり
大阪・住之江では
裏の神様のいうとおり
など。

天の神様と裏の神様ではどっちがご利益ありそう?
裏のごんべえさんは誰?

続きはまた。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

子供の頃の「神頼み」続き

昨日の続きです。

神様のいうとおりの後は色々ありますが、関西で多いのが

ぷっとこいて ぷっとこいて ぷっぷっぷっ

まあ、おならですね。
その後は地区、年代で違ってきます。

尼崎では
鉄砲うってどんどこどん もひとつおまけに どんどこどん

住之江では
柿の種 アブラムシ 123 もひとつおまけに 123

茨木では
柿の種 きりんのしっぽきった

最近では
ハンバーガー フライドポテトとかも言うらしい。
その時代、その時代に流行ったもの、すきなことを子供がアレンジしているみたいで興味がわきます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

バレンタインデー

バレンタインチョコ


昨日はバレンタインデーでした。
私が小学校の高学年くらいから結構一般的な行事になった気がしますが、この前、テレビで行った調査によると、60%くらいの男女が「必要ない」とのこと。たしかに「義理チョコ」を渡す週間は、会社的にみて「悪しき習慣」のような気がします。

学生時代、結構いただいた記憶のあるバレンタインデーは楽しい行事でしたが、そんな中で強烈な思い出が3つ。今日はその話をさせてもらいます。

小学校の5年生の時、クラスの女子数人が集まり、男子全員に「ハートチョコレート」をプレゼントしてくれたことがあります。ハート型をした、ピーナッツ入りのチョコレートです。なんか、とっても嬉しかったです。たしか30円か50円。男子全員がもらったから、みんなで楽しく食べました。30年が経ち、今も「すごくいい思い出」として記憶しています。ほんとうにありがとう!

2つめ、小学校6年のこと。この頃になると、学校側も「バレンタインデー」の認識ができてきて、一部のクラスでは「チョコは学校に持ってきては駄目」などと先生が忠告するクラスも出てきました。うちのクラスは特にそういう事がなかったのですが、私が仲の良かった女の子から「これ4組の〇〇君にあげようと持ってきたけど、4組はチョコ禁止やからあんたにあげるわ」と。嬉しいかな?さらに「でも、他人のチョコ食べたら、虫歯になんで~」と言われて複雑な心境でした。

最後ですが、中学生の頃、後輩の女の子に貰ったときのこと。この頃はそういうのが流行っていたのか?定かではないですが、初めてチョコ以外のものを貰ったときのことです。手編みのマフラーだったのですが、これが気恥ずかしくて…。受け取ったものの「これどうしよう?」と真剣悩みましたね。友達からはからかわれるし。結局、押入れの中にしまってしまいました。大学を卒業後、実家を取り壊すことになり、自分の物で「必要な物を取りに来て」と母から言われ、押入れを整理したら、これがあるんですね。今度はごみ袋にいれましたが、気持ちのこもったプレゼントは頂きにくい物ですね。

今年も会社の部下から義理チョコをいただき、さらに最大の義理チョコ?を嫁から頂きました。ありがとうございました。お返しは何にしましょう?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

昭和40年前後生まれの方に




最近お気に入りの漫画を紹介します。

元々、漫画だけでなく、小説、新聞、雑誌にいたるまで、ある種「活字中毒」な一面があって、何かしら読んでないと落ち着かない、そういうタイプです。
これまで「古き良き時代」を感じさせる漫画として「3丁目の夕日」を読んでいました。(コンビニ本ですが40冊ほど持っています)
ただ、この時代は私よりさらに上の世代が中心で、昭和40年生まれの私には少し古すぎる感じです。ただ、高度経済成長期の日本の事がわかるし、作者のサービスからか、その時代の広告や、物の値段がわかりやすく紹介されていますので、楽しく読むことができます。(またこの漫画も別の機会に紹介します)

で、今回紹介する「昭和の中坊」ですが、もう、ど真ん中って感じですね!作者の末田雄一郎氏は多分私の1こ上くらいなんでしょうね。たまらなくリアルです。深夜こっそり聞いていたラジオ番組やら、親に隠れてみた「ウィークエンダー」とか、まさにその通りって…。この時代本当に性教育はなくて、いろんなことに敏感でした。
例えば「ブラジャー」、「コンドーム」、「ポルノ」。にっかつの映画館の前を通るときに、めちゃくちゃ興奮したな~!
クラスの女子が急にブラジャーをつけてきたときも、「なんや」みたいな…。今の中学生ってきっと、「進んでるんやろうな」と羨ましくもあり、でも「あの時感じた興奮は味わえないやろうなあ」と、自分の中学生時代を美化したり。私と同年代の男性なら、きっとあの頃にタイムスリップできる1冊です。

大事な所の「皮をめくる」ところや、「長さをはかる」シーンなんてそのまま体験しました。
是非、読んでみてください。
プロフィール

rikupapa40

Author:rikupapa40
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク