これは!大発見なのか

2011-0807-103.jpg

これって初めて見たんですけど~幕末の主要人物勢揃い!
小さい表記で見にくいかも知れませんがこの中に「西郷隆盛」さん写っています

これまでも「西郷」さんには実際の写真がなくて、上野の銅像は実物とはかけ離れてる
銅像は「彼の親戚」の人物の写真からアレンジして作った!から~

なんて言われてましたよね!これまで一般的な彼の写真(なのかな?)
2011-0810-103.jpg

でもこれとは違う人物が写真には写っています

2011-0809-107.jpg

めちゃめちゃ「ほほ骨」の張った中央の人物が西郷隆盛と表記されています
これは?なんなんでしょう?
イメージ通り「無骨」で「いかつい」感じはしますが…

私が歴史を学んだ時代に比べて、特に写真とか絵とかは間違ってたって事も多いですが
この写真は本物なんでしょうか?少し気になりますね

テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

本当にハマルな!三国無双

歴史は基本的に好きですね!
一番面白いのは源氏の頃でしょうか

源平の合戦、特に義経のひよどりごえとか
木曾義仲の倶利伽羅峠の戦いとか
でも一番すきなのは悪源太義平かな…
また機会があれば書きますが今回は中国の歴史の話

息子と「真・三国無双」にハマッていることは前にも書きましたが
このゲームの元になっている三国志は面白いですね

登場人物が面白いです

私が歴史物で好きなのが前述の時代なんですが
何故なら、それ以降になってくるともうひとりの勇者ではなく
一つの塊の戦いになってしまうからかもしれません

三国志も実際は勇者の存在よりも軍団の戦い
(魏軍は30万の兵力とか)なんでしょうが
登場人物にそれぞれ個性があって面白いんでしょうね

今日は息子がスイミング中に嫁といく喫茶店で
三国志の漫画を見つけました

諸葛孔明が主人公になった漫画で
三顧の礼から赤壁の戦いなど彼の活躍目白押し
とても面白く一気に読破しました

三国志はいろんな漫画家が書いていますが
有名な横山光輝の漫画が全巻欲しいな

彼が書いた漫画で「狼の星座」(間違ってるかな)っていう
中国の馬族の話が非常に好きで小学生の時にコミックスを全巻持っていました

でも三国志はきっと相当あるので(40巻以上ですか?)
買ったら嫁に怒られるんでしょうね!きっと!

テーマ : 真・三国無双シリーズ
ジャンル : ゲーム

少しハマっています

ゲームってやり始めるとハマってしまうのですが

このGWに家族で嫁の実家に行った時
高校生の甥っ子が持っていたPS3で「真・三国無双」を息子とプレイしました

非常に面白くて、「これはPS2でも買って、家でもやろうか?」
なんて息子と話していました

うちにはPSPがあるのですが、「真・三国無双」あります
息子は少しプレイしていたようですが
私は「意味わからん」(よく説明書も見てなかったんですが)
って、放ったらかしになっていました

GWに甥っ子とプレイしたので要領がわかり、
面白くなってきていたので、プレイが面白くここんところ
毎日プレイしています

でも、元々時間がないので寝る前に30分くらいしかできませんが
面白いですね!息子にはまだ少し難しい面があり
意味がわからない部分があるのでクリアできないですが
私がいくつかクリアしたことによって
武将の統率力が上がってきたり、新キャラが増えたりしていますので
息子にも遊べるんじゃないかなって思っています

調べたら、PSP版でも新作「真・三国無双マルチブレイド」
が発売されているみたいです
sangoku001.jpg

PSP本体は私の友人であった(過去形・居なくなってしまった)
人が、ものすごく潤っていた時代に
「息子さんに」とプレゼントしてくれたものですので
私のものではありません、ので、東京での暇つぶし用に
PSP本体買ってしまおうかなとも思っています

でも、きっと、ママにおこられるんやろうな…


父の日にはこんなもん欲しいですね
↓ ↓ ↓


テーマ : 真・三国無双シリーズ
ジャンル : ゲーム

吉凶判断?

雑誌のデザインから解放されすがすがしい?
全然なんだよね!これが

ここ1週間、ほとんど雑誌の仕事しかしてなかったので
仕事がたまる一方…

昨日から新たな仕事が山のように押し寄せてきました
昨日だけで打ち合わせ5箇所ってどうよ!

そんな中、新しいお店がオープンするのでそこのロゴと看板のデザインをと
和風、しかも名前が「大吉」って!

う~ん、とりあえず考えてみましょう
で、吉凶について少し調べてみるとこれが面白いので少し紹介
今回は六曜の吉凶について

六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)は、中国においては、時刻の吉凶占いに用いられていましたが、日本に伝来してからは、日の吉凶を判断する方法として用いられるようになりました。 しかし、これはいわば俗信ですので、実際の吉凶とはあまり関係がありません。 次に六曜の読み方とその吉凶について記しますが、六曜の読み方については、昔から暦師によってまちまちで、どの読み方が正しいとはいえないようです。

先勝(せんしょう、せんかち、さきがち)
何事も積極的に行動することが吉。 時間的には、午前中は吉で午後は凶。

友引(ともびき、ゆういん)
友を引くと書くところから、特に凶事に忌まれている。

先負(せんぷ、せんぶ、せんまけ、さきまけ)
先だって行動することが凶。 何事も控え目にする日、急用や公事を避ける日とされ、時間的には、午前中が凶で午後は吉。

仏滅(ぶつめつ)
物滅の音が転じて仏滅になったとされ、したがって仏さまの命日とは関係はない。 万事に凶とされ、特に結婚や開店など、新しくことを始めることに不吉として避ける人が多い。

大安(たいあん、だいあん)
万事に大吉である。

赤口(しやっく、じゃっく、しやっこう、じゃっこう、せきぐち)
祝い事には大凶とされ、また「赤」が火や血を連想させることから、火の元や刃物によるケガに気をつける日とされている。 時間的には、午の刻(昼、午前11時頃から午後1時頃まで)だけが吉で、朝夕は凶。

だそうです!勉強になるな~
でも、言い方は様々あるなんて知らなかったな!

さ、仕事しよ!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

織田信長と星占い?

7月からは毎日更新する予定でしたが…
今日は朝日新聞で面白い記事をみつけましたので。

占いの類は毎日のようにテレビで紹介されたり、
雑誌の中に掲載されていたり、
毎日の生活に大変なじみ深いものとなっています。

血液型からくる性格の違いは一般的ですし、
生年月日による12星座占いも一般的ですね。

織田信長は自分と生年月日が同じ人物がどのような人生を送っているのか調べさせたことがあるらしい。
そんな中、一人の極貧の男が見つかった。
信長は「同じ日に、同じ時刻に生まれたのに、俺は天下を取り、お前は極貧、ずいぶんと運命が違うな」と、言うと、
「いえ、私と上様では大差はありません。ただ1日の違いだけです。」と極貧の男。信長は「その1日とは?」と聞くと
「天下を取っても、極貧にあえいでも、それは昨日までの過去の事、上様とて明日はどうなるかわかりません。今日1日のみ上様は天下人として楽しまれ、私は極貧に苦しんでいるのです」
これを聞いた信長は一瞬がく然としたが、やがて満足そうにうなづき、極貧の男にたくさんの衣服と金銀を与えたそうです。

結局、人間は今だけを生きているのですね。
明日はどうなるか誰にもわかりませんし。

テーマ : 歴史と予言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

rikupapa40

Author:rikupapa40
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク